企業情報

例えば... 医療製品成形技術加工法

その他の製品

ゴム・プラスチックの加工技術を活かし、オリオンは、新しい付加価値製品づくりにチャレンジしています。

積層造形法

積層造形法

迅速に試作ができる、この技術は開発段階では必須の造形法。

続きを読む
  • 迅速に試作ができるRP 法(ラピッド・プロトタイピングシステム)という製法は、型が不要なため、開発行程での有用性や開発期間の短縮、コスト削減など、条件次第で大きなメリットのある製法です。
ディッピング成形

ディッピング成形

安価な型で少量から量産も可能。形状、色も任意にできる成形法。

続きを読む
  • ディップ・モールディング(浸漬成形)という製法は、金型が雄型だけのため、金型の取数を多くすることで大量生産もでき、安価です。しかも複雑な形状のものや任意の色もできるので、その多様性から、OA 機器、自動車、家電、各種機器など、多岐にわたる分野で使用されるようになってきました。
ダイカスト成形

ダイカスト成形

鋳肌が美しく、寸法精度の高い薄肉で高強度の製品が生産可能な成形法。

続きを読む
  • ダイカストは、溶湯に高圧を加えて、金型の湯口からごく短時間に高速で噴出させ、溶湯が凝固しない間に金型のすみずみまで充填させて作る製法です。こうして作られた製品は、鋳肌が美しく、寸法精度が高く薄肉で、しかも高強度です。ダイカスト作業は、金型清掃→離型剤の塗布→型締め→注湯→射出→キュアリング→型開き→押出し→製品取出しまでが、1 サイクルです。
スクリーン印刷

スクリーン印刷

いろいろな分野のいろいろな素材にその目的とする印刷を施し、要求が厳しいエレクトロニクスの分野でも利用されている加工法。

続きを読む
  • 刷版にある孔を通して版の下に置かれたものに印刷されるスクリーン印刷は、孔版の代表的な版式で、ガリ版刷りと同じ原理です。刷版に張るベースがシルク製のものが多いので、シルクスクリーンプロセスと呼ばれ、略してプロセス印刷とも言われます。
ウォータジェット加工

ウォータジェット加工

軟らかいものから硬いものまで、ほとんどの材料を水でフレキシブルに作りあげる加工法。

続きを読む
  • 水で切るというウォータジェット加工は、ノズルから噴射される高圧の水、または研磨材入りの水と切断材料との間に起こる衝突によって、切断を行う方法です。この時に噴射される水の速度は音速の3倍にもなり、水は剛体となり、まるで鋭利な刃物のようになるわけです。
射出成形

打抜加工

型も加工もシンプルで短納期製作が可能。あらゆるところで幅広く活用されている加工法。

続きを読む
  • 抜き加工に使用する抜型は、コンピュータと高速製図機を組み合わせた、レーザーカッティング装置で、合板やアルミ板などに仕様通りの切り込みを入れ、これに刃物を埋め込んで作ります。刃物は、打抜く材料の寸法や形状などによって種類を決定します。こうして作られた抜型の他にタガネ(ポンス)という金属の抜型もあり、これもプレス機や木槌で打抜く抜型のひとつです。

ゴム・プラスチックに付随したものから、次々に新しい分野の成型、加工に挑戦して、いままでの分野を守りながら、それを補う領域にも進出し、異分野の動向を常に注視しています。

様々な材質を様々に加工する。より新しい優れた素材と、従来からある歴史を支えてきた素材。それらを使い分け、ミックスして付加価値を生み出す、それが私たちの使命です。 ここに紹介した、成型・加工はその一部ですが、従来の成型とはスタートが異なる積層造形法などは、CAD データから直接モデルや製品を製作するもので、そのプロセスは大変興味深いものがあります。

材質もいままでの素材の他に、環境に配慮した、紙やでんぷんを素材にしたものもあり、強度や利便さを確保しながら、それが製品となって、その役割を十分に果たした後、廃棄される時の事までも考慮しています。よりよい製品を開発し、提供するために、これからも最大限の努力を傾注していきたいと考えています。

オリオンの取扱製品ついて、新規のご依頼に関するご質問は、

または、お問い合わせ・資料請求フォームから、お問い合わせください。