企業情報

例えば... 医療製品成形技術加工法

プラスチック

たとえば、プラスチック。
オリオンなら、貴社の漠然としたイメージに対しても、明確な解決法とカタチをご提案することができます。
ここではプラスチックを自在に成型するための多種多様な成型技術をご紹介いたします。

射出成形

射出成形

あらゆる分野の製品を大量に生産する。特に熱可塑性樹脂に最適の成形法。

続きを読む
  • 複雑な形状のものでも、大量に能率よく生産できるので、主に熱可塑性樹脂の成形に、最も多く用いられている成形法です。 成形する材料をホッパーに入れて、加熱シリンダー内で溶融・混練します。
押出成形

押出成形

断面形状が同一の長尺物を連続的に生産する。成形性、コストが最も有利な成形法。

続きを読む
  • 樹脂の成形の中でも、射出成形と並んで代表的な成形法のひとつです。まず成形する材料をホッパーに入れ、押出機のシリンダー内で溶融・流動化します。このシリンダーにはバンドヒーターが設置されており、内部の樹脂は中間部からダイ(口金)までの間で溶融されます。ホッパーから供給された材料は、シリンダー内のスクリューの回転による押出圧力で、ダイから異形品及びチューブ状の一定の断面形状をした成形品が連続的に押出され、冷却・固化されて長尺物の成形品になります。
ブロー成形

ブロー成形

容器やジャバラ形状品など、中空品生産の成形法。

続きを読む
  • ブロー成形の基本的な形は、押出し成形機により溶融・可塑化した樹脂を、ダイス及びマンドリル(可塑化しているがまだ不均質な樹脂を、ブロー成形できる安定した状態に調整し、定められた形状にする部位)で、円筒状のパリソン(可塑化して押出された円筒状の樹脂の部分)を、二つ割りで一組の合わせ金型ではさみ込み、パリソンの上下(両端)を閉じ、ダイス中央の空気吹き込み口から空気を吹き込み、パリソンを膨らませて、金型の内壁に密着させます。
真空・圧空成形

真空・圧空成形

小さなものから大きなものまで、複雑な形状も多品種少量生産にも優位な成形法。

続きを読む
  • 真空成形は、まず、熱可塑性樹脂のシートをクランプ金枠にはさんでヒーターで加熱軟化させた後、あらかじめ型のコーナーに真空孔を設けた雄型、または雌型を突き上げて真空吸引し、大気圧でシートを型に密着させて成形するもので、成形品は冷却・硬化させて取り出します。
圧縮成形

圧縮成形

樹脂成形の中では最も歴史のある肉厚品、耐熱品、インサート品に最適の成形法。

続きを読む
  • 圧縮成形法は、プラスチックの成形法、特に熱硬化性樹脂の成形法の中では、最も歴史のある成形法で、現在もこの成形法は重要な位置を占めています。熱硬化性樹脂は、加熱すると硬化する性質を持っていますから、金型内で加熱・加圧することで成形できます。
真空注型成形

真空注型成形

試作品などを短納期に安価で製作する場合に有効な成形法。

続きを読む
  • 最初にモデルを1 個作成します。これをマスターモデルといいます。このマスターモデルは、プラスチック・石膏・金属・木などの材質で作ります。
染め加工

染め加工

高温では変形してしまうようなプラスチックを低温で染色可能にした加工法。

続きを読む
  • 今まで高温でしか染めることができなかったプラスチックを、低温(60 ℃)で染めることを可能とした加工法です。低温で染めることによって、高温では変形するような材質のものも染めることができます。
機械加工

機械加工

あらゆる素材を、様々な加工技術で任意の形にする加工法。

続きを読む
  • 樹脂の加工は一次成形品の板や棒、パイプ等、いろいろな材質のもので、色も透明なものから色物まで様々なものを素材として二次加工を施すものです

プラスチックは、数々の優れた利便性から、私たちの生活や、社会活動に欠かせないものになってきています。産業界各分野の要求に応えるべく、新しいプラスチックが次々に開発され、あらゆるところで重要な位置をしめるようになり、その領域は目覚ましく拡大されてきています。
ここに紹介するのは、そのプラスチック製法の主なもので、この製法でほとんどの製品が作られています。
豊かさをもたらしてくれるプラスチックに対する期待は大きく、大きいがゆえに、生活に深く浸透しているがために、起こってきた大量生産、消費、廃棄というシステムが問題になっています。

全ての問題を一挙に解決するのは難しいことですが、この問題に、真正面から取り組み、その一つ一つを確実に処理するという、一人一人の姿勢が、プラスチックをより有効に活用でき、再利用、再生利用につながり、土にかえる生分解性プラスチックなどの開発ともあいまって、限りある資源であることを自覚し、プラスチックに携わる者として、これからもよりよいプラスチック製品の開発と、社会に受け入れられるプラスチックを目指して、小さな力ではあっても、より一層の努力を続けていきたいと考えています。

オリオンの取扱製品ついて、新規のご依頼に関するご質問は、

または、お問い合わせ・資料請求フォームから、お問い合わせください。